第十四話イルジメ、再び!

民衆の抗議は過熱し、義禁府は解散しなければ投獄すると警告を言い渡す。これに刺激された民衆の蜂起は大きくなり、ついに兵士たちが民衆に矢を向けたその時、使臣館の塀の上にはイルジメが!チホンを吊るし上げにするイルジメに民衆は声援を送るが、セドルはその腕にヨンが持っていたものと同じ髪飾りが巻かれていることに気づく。そして山奥の小屋に向かうが、そこでヨンがイルジメであり記憶も戻っていたと知り衝撃を受ける。

PHOTO

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4